dongurienvironmentMathematics

幼児期(9歳前)までに知的系統的学習をしてはいけない

LINEで送る
Pocket

9歳の壁って

年中さんから順調に良質の算数文章問題を進めるているうちに
ぶつかる壁があるように思います。
だいたい4年生あたりでそれが見えてきます。

それはなぜかというと、
良質の算数文章問題が、
小3(9歳まで)は、主に視覚イメージ再現だけで解ける問題構成となっていて
小4(9歳以後)は、主に視覚イメージの再現後に操作をしなくては解けない問題構成となっているからです。

小学校では、4年生になると抽象概念についての勉強を始めます。

文部科学省 学習指導要領 第2章第3節 算数第2 各学年の目標及び内容

〔第4学年〕
1 目標
(1) 除法についての理解を深め,適切に用いることができるようにする。また,小数及び分数の意味や表し方についての理解を深め,小数及び分数についての加法及び減法の意味を理解し,それらの計算の仕方を考え,用いることができるようにする。さらに,概数について理解し,目的に応じて用いることができるようにする。
(2) 面積の単位と測定について理解し,図形の面積を求めることができるようにするとともに,角の大きさの単位と測定について理解できるようにする。
(3) 図形を構成要素及びそれらの位置関係に着目して考察し,平行四辺形やひし形などの平面図形及び直方体などの立体図形について理解できるようにする。
(4) 数量やその関係を言葉,数,式,図,表,グラフなどに表したり調べたりすることができるようにする。

いままでのパターン学習では乗り越えられないので、
学習塾に行ってパターン学習量を増やすか、「わからない」ループに陥っていくか。

どんぐり問題にしても、保護者の方が「正答」できないことにこだわるあまり、
「調整しながらちょっとヒントをだし」て、正解するという方式で3年生くらいまできてしまうと、

せっかくの良質算数文章問題も

[ 教わる ] ⇒ [ 答える ]

のパターン学習となってしまって、
抽象概念を発展させるところに行きつかないようなのです。

そして、

  • どんぐり倶楽部から離れてしまい、他の学習方法や塾へ進む
  • そのままの方法で進み、12歳(中学生)になっても判断力が身についていないので、
    結局塾での補習を必要とする

お子さんが小さなうちにどんぐり倶楽部に出会えた幸運な方には、
「あがり= 塾」のような双六のコマになるのではなく、
上手に9歳の壁を楽しんでほしいと思います。

環境設定の勘どころは
保護者がまつこと
なんです。

 

体験・導入のご相談はこちらからお問合せください。

 

糸山先生の「ちょっと簡単なまとめ」から引用します。
-------------------------------------------------
●唯一「感じること・味わうこと」で、
 豊かな原形イメージの蓄積が自然に行われる。

 そして、
 この豊かな原形イメージが、
 深い理解力、人間らしい判断力、豊かな表現力の素となる。

 また、
 高度な思考も
 複雑な視覚イメージの再現と操作で処理されているので、
 豊かなオリジナルの視覚イメージの蓄積が重要となる。

 何の感情(感覚)も再現できないデータでは、
 どんなに大量に持っていても思考力養成には役に立たない。←知識の大量暗記は12歳以前では害になるだけである。

●自然に「人間らしい判断力を含む思考力」を育てられる環境とは
 以下の通りである。

1.<日常生活>が程良く不便であり、
 自然に工夫しなければならない環境であること。
※非常に便利→工夫しない→思考回路は出来ない

2.人工的な<遊び>が少なく、
 五感をフル活用して楽しみながら
 工夫ができる環境であること。
※人工的な遊び
→豊かな原形イメージを蓄積できない。
 感情再現も出来ない。
 オリジナルの工夫が不要(無駄)になる。
→思考回路も、判断力や表現力の源である
 豊かな原形イメージの蓄積も出来ない。

3.工夫や感情育成を帳消しにしてしまうような
 勉強をさせない環境であること。
※反復・スピード・暗記は考えない力の強化しかできない。

■1.2.は避けられないが、
 3.は教育環境が整っている日本でならば
 今すぐに全国民が恩恵を受けられる。

 しかし、原形となる
 感情を伴う視覚イメージの定着をさせるべき時期(0-6才)に、
 その時間を使ってパターン学習(知的系統的学習)という
 コピー回路の強化をしていては思考力養成(オリジナルの回路作成)は
 不可能である。

 パターン学習のコピーは
 1つのデータとなるだけであり、
 データをどんなに蓄積しても
 自在に使える回路そのものにはならない。
-------------------------------------------------

LINEで送る
Pocket