dongurienvironmentMathematics

使用上の注意(3)必ず絵(図)を書いて、目で考える

LINEで送る
Pocket

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題は必ず絵(図)を書いて、目で考える。

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題は、絵(図)で書いてそれを動かす訓練です。

簡単な問題で絵(図)を描かないで答えをだす。
初めは描いていたのに、取り組んでいくうちに描かなくなっていく子供もいます。
しかし、
何度でも出てきますが、ずっと絵(図)を描き続けるということは難しいことです。

絵(図)を落ち着いて「ゆっくりじっくりていねいに」描くということは、想像以上のエネルギーを使います。
そのために、使用上の注意(1)にもあったように、一週間に1~2問取り組むことが、限度になっているのです。
使用上の注意(1)まとめてやらない
使用上の注意(2)ゆっくり、じっくり、丁寧に解く

さらっと書いてあり、簡単そうに見えるのですが、なかなか難しいのです。
良質の算数文章問題の最初のページに書いてある使用上の注意を守りましょう。

使用上の注意

3. どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題は必ず絵(図)を書いて、目で考える。
  絵(図)を描かずに「分からない」は「考えていない」証拠

良質の算数文章問題に取り組みはじめて間もない子供が
絵(図)を描かずに
「分からない」
を連発し、集中できないことがよくあります。

 

絵(図)を描かずに「分からない」は「考えていない」証拠

 

 

過去ログから
--------------------------------
from とびうおさん
最近思うのですが、絵を描かずに式にこだわる子には、時には追い込むことも必要なのかな、と思えてきました。わざと「絵を描かないと難しい問題」を選んでさせるのです。具体的には<0MX27>や<0M65>、<0MX58><0MX64>などです(後ろ二つはうちの子が割り算を知らないからですが)。実際にさせてみてると、しぶしぶ絵を描いていました。私の「絵を描かない人はワカラナイ禁止!」という言葉も少しは効いたのかもしれません。ただ、子どもによって反応に差が相当あって、何度も×され、その都度「絵を描け」と言われ続けても、とにかく描かない子もいます。できないことに対する「困り感」かない子です(明日みんなの前で無理やり描かせたろうか…)。かと思えば、「面白いからもっと問題チョーダイ」という子もいます。「絵を描けばできるんだ」ということを完全に実感している子でした。(ただその子も、<0MX14>や<0MX44>で詰まってました。「半分が3枚。間違ってないでしょ」とか「一日経ったら戻ってるかもしれないじゃん」とか) (2007年02月28日 20時24分07秒)

from レオン117さん
●そこが面白いんですよ。工夫のしどころですね。 (2007年02月28日 20時47分57秒)
--------------------------------

 

■慣れないうちは絵を描いて、慣れてきたら式だけで---馬鹿か!(文責:どんぐり倶楽部)

 

--------------------------------
糸山先生:で、ヒントは絶対ダメですからね。
相談者>:ヒントはダメ。
糸山先生:ヒントは一切ダメですからね。言っていいのは、例えば、「かめさんがあるいています」っていうところで花とか描いてたらダメなので「かめさんはこういうものなんだよ」というところまでです。「ここに線をいれたら分かりやすいよ」というのもダメです。「こういう風な絵を描いたら」っていうのもダメです。「こういう風に並べて描いたら」というのもダメです。とにかくヒントは一切ダメです。それをする(ヒントを少しでも与える)ともう、その手前で止まります。進化はしません。それをするとヒント待ち状態になるんで、そうするとなにをやってもダメです。
相談者>:そしたら、どういう風にして...。
糸山先生:いやいや、させるだけですよ。ちゃんと時間をつくって、2時間なら2時間時間を作ってお茶を用意してお菓子を用意して、のんべんだらり〜んとやる。で、隣で、もしも時間があればお母さんも他の問題をやる。お母さんがちゃんと文字を絵にすることをちゃんとやる。それは、解けても解けなくても。
相談者>:私は、描いていいんですよね。私は、どうやったらいいか...分からないからぁ。
糸山先生:大丈夫ですよ。文字を絵にするだけですから、そんなの誰にだってできますよ。「亀が3匹います」って書いてあったら、亀を3匹かけばいいんです。「亀が並んでいます」って書いてあったら、並んでいる亀を描けばいいんです。
--------------------------------
●ライブ録音:小5後半からのどんぐり開始の相談(文責:どんぐり倶楽部)より引用

頭の健康診断

*「良質の算数文章問題」の入門書です。(定価2000円のところ、ただいま期間限定無料公開中)
■最初に学びたい学習方法・上
■最初に学びたい学習方法・下

なかなか順調に取り組めないなあ、とお困りの保護者のみなさま。
はちたまどんぐりのどんぐりポケットで、糸山先生のアドバイスを聞いてみませんか?

体験・導入のご相談はこちらからお問合せください。

LINEで送る
Pocket