dongurienvironmentMathematics

使用上の注意(5)間違いに気づいても絶対に消しゴムを使わない

LINEで送る
Pocket

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題は間違いに気づいても絶対に消しゴムを使わない
消しゴム厳禁。間違ったら×を書いておく。

子どもたちの持って帰ってくるテストを見てみると、「間違った答」を消しゴムで消して、正解がかいてあります。
このように、「間違った答」を消してしまうことで、自分が不得意とする分野をわからなくして、安易に100点を得たいと思う「完璧主義者」に育てているのではないでしょうか。「間違った答」を消しゴムで消すなんて、なんともったいないことをしているのでしょう!なぜなら間違ったところやにお宝が隠されているからです。

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題は、絵(図)で書いてそれを動かす訓練です。

絵を描く場合も、消しゴムは使いません。取り組むときに消しゴムを置いておかないのが正解です。もし、間違った絵をかいたとしても、絵を描いた後に違う見方で絵を描きなおしたとしても、元の絵を消しゴムで消してしまってはその思考回路の証拠がのこりません。
「綺麗に書きたい」「×を付けるのがイヤ」など、子どもが言ったとしても、どんぐり問題は答えや絵が違ったとしてもちゃんと思考回路ができているので、それまでの考えの道筋を残しておこうね、とお話してみてくださいね。
そして、間違ったところをお宝として大切に保存しておきましょう。これがわからん帳になっていくのです。

日頃消しゴムを使い慣れている子どもにとっては、バツを残しておくというのはなかなか難しいのです。

使用上の注意

5. 間違いに気づいても絶対に消しゴムを使わない。思考の軌跡が大事。

 

「数学が出来なくなるために最も良い方法は消しゴムを多用することである」

 

 

過去ログから
--------------------------------
小2娘は、どんぐり問題が気に入ったようで「今日も、どんぐりやりたい!」と言っています。私も、どんぐりをやっているときは、怒らなくなりました。(他のことでは怒っていますが・・・)でも、ちょっと困っています。娘は間違えるのを極端にイヤがります。先日、くらげの問題で、描いているうちに、いっぱいになってきて、16ぴきのところ、22ひきになってしましました。「消しゴムは使わないよ」と言っても、間違った答えがイヤで、むきになって、消しゴムで消して書き直すし、泣きながら「もう1回はじめからやる!!」と言って、また、白紙からやり直しました。更に、次の朝になっても間違えたことを気にして、私にあたっていました。「いっぱい間違えたほうがいいんだよ」とは言っているのですが、どう対処していいか悩んでいます。 (2007年10月18日 15時01分00秒)

from レオン117さん
●お母さんが楽しく間違えるといいですね。カコログはよまれましたか?
http://homepage.mac.com/donguriclub/bbs-log-all.html (2007年10月18日 15時58分36秒)
--------------------------------

 
過去ログから
--------------------------------
小学校に4月に入ってから、週に1、2題のペースで文章問題をしています。とても楽しく絵を描いて、こちらがなるほど!と思うように上手く絵を利用して解くこともあるのですが、しばらく考えて分からないと「分からな~い。教えて!」の嵐です。それでも「絵を描いてごらん。問題を読んで絵を描いて考えるお勉強なんだよ。答えは分からなくてもいいからとにかく描いてごらん」と言うと、怒りつつも、もう一度読んで絵を描きはじめます。その時に自分の勘違いに気づくと、どうしても消しゴムを使いたがります。「間違えてもいいんだよ。間違えないならする必要ないでしょ。間違えて、それに気が付く、そういうお勉強なんだから、その跡も残しておくんだよ。間違えるは悪いことじゃないんだよ。」と言っても間違えた状態で残しておくのを、とても嫌がります。

from レオン117さん
●「お母さんのために記念に残しておいて欲しいなぁ」と6年間言えばいいんですよ。
>>「間違えてもいいんだよ。間違えないならする必要ないでしょ。」
●はちょっと違うなぁ。
>>メッセージの伝え方
●伝えるべきは「メッセージ」ではなく「想い」ですよ。
--------------------------------

 

【たくさん書かなければならないときの工夫について一つのアイデア】

過去ログから
--------------------------------
小学3年の娘が良質の文章題を本格的に取り組むようになって、1ヶ月ほどたちました。最近また指導法で迷っている事が生じました。消しゴムの使用禁止としておりますが、絵をいろいろ操作する上で、書き直しの際ごちゃごちゃしてわけがわからなくなるのです。こうした際、消しゴムの使用を認めてもいいのかどうか。ためしにそれを認めたところ、せっかくうまくかけているところまで消してしまう事もあり、最初から書き直すので時間がかかって楽しくできない状況になります。かといって「ここまではうまくかけているから消さなくていいよ」とヒントを与えてもいいのかどうか。これも過去の掲示板などを読み込めば書いてある事かもしれませんが、どのあたりにあるか教えていただければ幸いです。 (2007年01月10日 10時50分59秒)
●同じ絵を描くのが大変な場合は切り抜いて新しいページに移植するか、コピーして貼ります。工夫、工夫、くふ~~~~するために頭はあるんですよ。で、進化した。楽しく工夫して学習しましょう! (2007年01月10日 11時08分46秒)

from レオン117さん
●ノートにノート(紙)を足して描く。
●問題を貼った下の部分をハサミで切る(切り取らない)と、問題はそもまま見ながら次のページを使えます。←コレいいですよ。
<0MX31>  月  日(  )
 けむしの おけいこは いつも くねくねあるき です。くねくねと じょうずに あるけると ひとりでも あそびに いけるのです。でも、1かい くねくねすると おしりが 2かいヒリヒリ します。きょうは、もう おしりが 8かいも ヒリヒリしました。きょうは なんかい くねくねしたのでしょうか。
………………………………………………<<<ココで切る
...とこの部分だけめくれるでしょ?...消しゴムはダメです! (2007年01月10日 11時06分29秒)

--------------------------------

頭の健康診断

*「良質の算数文章問題」の入門書です。(定価2000円のところ、ただいま期間限定無料公開中)
■最初に学びたい学習方法・上
■最初に学びたい学習方法・下

なかなか順調に取り組めないなあ、とお困りの保護者のみなさま。
はちたまどんぐりのどんぐりポケットで、糸山先生のアドバイスを聞いてみませんか?

体験・導入のご相談はこちらからお問合せください。

LINEで送る
Pocket