Donglish 2017 限定冊子販売計画

初回特典付販売は1月末日に終了しました。在庫限りで「冊子のみ」もしくは、「冊子と教科書のセット」で購入できます。初回特典に含まれていた動画は、どんぐり倶楽部オンラインショップ https://nokolabo.jimdo.com/ の「■商品B 中学英語DONGLISH講義」に含まれています。

初回特典 講義動画URL
https://8tama.com/donglish2017/voice/
パスワードは初回販売分の冊子と一緒にお届けしております。
上記サイトで書き起こし用講義動画を見ることができます(期間:2018年3月末まで)。
<注意>書き起こし用の動画ですので、映像は不鮮明です。音声をお聞きください。

※12月24日から100セット限定で予約販売を開始しましたが、2日間で完売。再販やキャンセル待ちのお問合せが多くあり、糸山先生とご相談の上、初回特典付は2018年1月末まで販売受付しました。現在も冊子は販売しておりますが、教科書の手配時期により、ご注文日によって納期が異なりますのでご了承ください。

  • 2018年1月15日までご注文の方
    ⇒発送すみ 到着が確認できない方は、問合せからご連絡ください。
  • 2018年1月15日から29日までご注文の方
    ⇒2018年2月7日に発送予定
  • 2018年1月30日以降ご注文の方
    ⇒2018年2月中旬に発送予定

※1月末までにご注文されてた方は書き起こし冊子+教科書+初回特典動画セットとなります。

 

DONGLISH 2017(中学3年間の英語を2日 でマスターするセミナー)2017.07.10 Monday |どんぐりパパのどんぐり実践ブログにて告知され、開催された「The Lecture of DONGLISH with the textbook NEW CROWN in the Tokyo Area by DONGURI-CLUB」

参加者募集後すぐに満席になったこの人気講座「中学校の教科書NEWCROWNを使って中学3年間の英語を2日間でマスターする講座の冊子化が決定しました。納得英文法、語句順訳の講義音声と板書をスタッフ9名が書きおこし冊子化。限定販売セットには、平成29年版 NEWCROWN の3学年分の教科書のほか、期間限定で書きおこし用講義動画のダウンロードが可能です。

定価:15,000円 限定100セット 現在先行予約販売中 発行は2018年1月下旬を予定しています。

見本PDFはこちら

※お支払は、銀行振込、ゆうちょ口座送金、paypal、クレジットカード決済(現在メンテナンス中)が利用できます。お申し込みは下記からお願いいたします。

~先生のブログより 転載~

*中学英語で学習する内容は、全ての英語学習の基礎になる大事な内容ばかりです。
 ところが、残念なことに学校での授業は暗記と和訳が中心になっていることが原因で、
 時間かけて努力をしても、それに見合った理解が進むものにはなっておりません。

 この講座では、中学で使う教科書を使うことで、予習・復習を兼ねながらも、
 学校の授業とは全く違う、合理的な<納得英文法>と
 速読速解を可能にし、和訳も英作文もどちらにも一瞬で変換できる、
 読解の核となる<語句順訳>をマスターするものです。

*対象は12才から120才(小6~英語の先生)までと、誰でも参加できます。
 英語の「え」の字も知らない人でも、英語がペラペラな人でも、
 英語を学び直したい人には誰にでも役立つ講義になるものと思います。

*日本語を読むように英語を読めるようになります。
 言いたいことを言える英語を書けるようになります。
 受験にも強い英語をマスターできます。
 学校の英語授業の予習・復習にもなります。
———————-
*語句順訳とは*
語順訳という言葉はよく耳にしますが、コチラは、語順訳ではなく「語句順訳」です。
単語の置換をしていく語順訳は、残念ながら破綻してしまいますので、使わないで下さい。
前置詞を後ろの名詞と組にして、日本語の助詞を活用することで語句順訳の大部分は完成します。
単に前から訳せれば、どんな方法でもいいというものではありません。

語句順訳は、英語と日本語のプラットフォームとなっています。
この語句順訳を正しくマスターすれば、どちら(英語にも日本語に)にも、簡単に乗り降りが可能となるということです。
つまり、英文読解も、英作文も、文法確認も全てが、語句順訳だけで可能だということです。

例えば、英語を日本語にする場合は…

英 文 :Ken eats two apples in the park every Sunday when he has nothing to do.

英 文 /:Ken/eats/two apples/in the park/every Sunday/when/he/has/nothing/to do.//

語句順訳:健は/食べる/2つのリンゴを/公園で/日曜日毎に/いつかというと/彼が/持っている時に/ゼロの物事を/すべき(物事を)//

和訳例1:健は、暇な時にはいつも日曜日に、公園でリンゴを2個食べるね。
和訳例2:健は、毎週日曜に、暇な時には公園でリンゴを2個食べます。
和訳例3:日曜日が、暇なら、健は、公園でリンゴを2個食べる。

*和訳は、英文ではなく、日本語である語句順訳だけを見ながら、意味を考えて、
 状況にあった日本語に自在に書き換えることができる。
 これは、小学生でも可能である。
 なぜならば、日本語の言い換えにすぎないからである。
 この練習は、日本人には殆ど必要ない。(小学生で実証済み)

*逆に、語句順訳が日本語としては分かるけれどもチョットおかしな言い回しの文章であることが必要なのである。
 なぜならば、この「チョットおかしな言い回し」の部分が英語的な部分だからである。
 ココを意識できることで、初めて英語らしさを自然にマスターできるのである。
 これもまた、語句順訳の利点である。

 例えば、日本語を英語にする場合は…そう。
 上記の<英文→語句順訳→和訳>を逆に<和訳→語句順訳→英文>とすればいいのです。
<和訳→語句順訳>は、語句順訳をするうちに、誰もが自然にできるようになります。
<語句順訳→英文>は、単語を移し替えるだけですので誰にでもできます。
 つまり、語句順訳でも英文読解をしていると英作文の練習は不要になってしまうのです。

●このように、どちらも、中心になっているのは「語句順訳」であり、
 この語句順訳をマスターすることで、様々な表現はいつでも自力で作り出すことができるのです。
 この語句順訳を、通過せずに、英会話のように1対1対応でオウム返しのように反射で英語を話せるようになっても、
 自分の言いたいことや、作者が伝えたいことを深く理解したり発信したりすることは出来ません。
 最初から最良の方法で応用の利く語句順訳をマスターすることが、本当の英語の実力をつけることになります。

※ところが、現状はどうなているかというと、
「学校(中学校)では前から訳さない方がいいと教わってきたらしく、語句順訳をやりたがりません。」
なのです。
 なんともったいないことでしょう。中学生の3年間があれば、誰もが、英語を抵抗なく読み書き考える手段としてマスターすることができる能力を持っているのにノです。

 そこで、全文語句順訳を教科書でやってしまおうというのが、この企画です。
 無理なく無駄なく効果的な英語学習です。

Donglish NC 2017 03

2017年8月のDonglish講義の一部

Donglish NC Sample

どんぐり倶楽部の語句順訳と納得英文法<Donglish>の、大阪でのNewCrownをつかった解説動画。<動詞の名詞化傾向>の部分です。

Donglish:どんぐり倶楽部の英語:英文法の大原則

英文法の大原則:これを知らないから文法が分からない...を書きました

Donglish-SunShine-003

教科書SUNSHINE1-2-3を使って中学3年間の英語を2日でマスターする講座

Noko en V

Nokolabo-English-Basicの文法のまとめの一部です。

2015年の講義動画

Donglish 2015 (早送りです)

DONGLISH example

2013

Donglish 30m 200m

中学英語を7時間でマスターする講義の抜粋です。

onezemi 20140523

OneZemi_SunShine-1,2:1年<一般疑問文>2年<現在進行形の未来代用>